瀧廉太郎の名曲、「荒城の月」四部合唱を配信しています。ぜひ聴いてみて下さい。唱歌の中でも特に素晴らしい曲です。

荒城の月

作詩:土井晩翠 作曲:瀧廉太郎
編曲:本居長世 合唱:関守研悟
(4:34秒)
※上のボタンで再生できない場合はこちら
春高樓の花の宴
めぐる盃かげさして
千代の松が枝わけいでし
昔の光いま何處
 
秋陣營の霜の色
鳴き行く雁の数見せて
植うる劔に照りそひし
昔の光いまいづこ
 
今荒城のよはの月
替わらぬ光たがためぞ
垣に殘るはただかつら
松に歌ふはただあらし
 
天上影は変わらねど
榮枯は移る世の姿
寫さんとてか今もなほ
鳴呼荒城のよはの月
 大切な家族。大切な命。かけがえのないものに対する想いを断ち切るのは、なかなか容易なことではありません。
  そんな執著の念を断ち切るための、最も強い支えとなるのは「無常観」ではないでしょうか
  月は千年も変わらぬ光を投げ、大自然は変わらぬ姿を見せていますが、人は必ず移ろいゆく。
  そのことを思う時、時代や思想に左右される価値観でなく、千年、万年と変わることのない、決して揺るがない価値観、求道心を持ち続けてゆきたい、そう願うわけであります。

心の歌目次へ

臨済宗 妙心寺派 聖福寺 御詠歌 唱歌
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより