『ひ と り』
〜あなたは誰の幸せを祈りますか〜

作詩作曲:村上てつや
元曲:TheGospellers
歌:関守研悟 
※上のボタンで再生できない場合はこちら
 人生には三つの段階があると考えられます。
 第一の段階は、自分のことしか考えない利己的な段階です。せいぜい家族の幸福だけしか考えないような生活です。悪いことではありませんが、精神年齢12歳と笑われても仕方のないような幼稚な人生観です。
 
 第二の段階は、自利利他、自分も他人も共に幸福になれるような生活です。自分の権利を尊重する如く、他人の権利をも尊重していく、今日しきりに唱えられる民主主義的人生観です。それは極めて健全な、常識的な、しかも道徳的な、人生観ですが、わたしは、さらに一段上の生活があると思います。
 
 第三の段階は、つまり宗教の世界です。あたかも世の母親が、自分の幸福を忘れて、ひたすら子供の幸福だけを考えるように、自分に関する一切を忘れて、誰かの幸福のために、人類の福祉のために、世界の平和のために、喜んで一生を捧げるような生活です。
 それは犠牲的精神だとか、奉仕の行だとかいわれる窮屈なものではなくして、そうすることが楽しく、そうしていることによってのみ、幸福が感じられる心境です。
 
 それは、釈尊が、「今、この世界は悉くみな我が家であり、その中に住む、迷える心を持つ人々はみな我が子である」と仰言ったような、最も高い人生観であります。悟りを開けば当然、そういう心境になれるでしょうが、悟りを開かなくても、そういう願いと愛情を持つことなら、誰にもできると思います。その願いと愛情を持つことを菩提心を発すと申します。
(無文老師の法話より)

心の歌目次へ

臨済宗 妙心寺派 聖福寺 御詠歌 唱歌
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより