しゃぼん玉に思う

 まったく同じ光景を見ても、その受け取り方は人それぞれだと思います。
 その人の心の状態がどんな風であるかによって、同じことがらであっても、楽しく見えたり、悲しく見えたりすることがあると思います。
 もう100年ほど前の話ですが、ある日、村の子供達が楽しそうに遊んでいました。その子供たちは、しゃぼん玉遊びをしていました。
 その様子をみて、ある人は、とても楽しい気持ちになりました。けれど、ある人は、また違う思いを抱いて、詩にしたためた。そんな童謡があります。

しゃぼん玉
      野口雨情作詞(大正11年)

しゃぼん玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こわれて消えた

しゃぼん玉消えた
飛ばずに消えた
産まれてすぐに
こわれて消えた

風、風、吹くな
シャボン玉飛ばそ

 できてすぐ消えるものもあるし、空高くとんでいくものもあります。いずれにせよ必ず消えていく。それがいつなのか、いつ消えるかもわからないしゃぼん玉は、私たちの命のようでもあります。

 昔、白隠禅師の時代に庵原の平四郎という人がいたそうです。あるとき、山中の滝の水が流れ落ちて滝壺に泡ができる。見ていると、ある泡は1尺ぐらい流れてポッと消える。しばらく流れる泡があっても、2間〜3間流れて必ずポッと消えてゆく。
 その泡を平四郎さんは見て、「いったい、私はどの泡だろう」と思った。命というのは、ちょうどこの泡のようなものだと感じたのです。恐ろしくなって、もう居ても立ってもいられなくなりました。
 帰り道に、たまたま人が

「勇猛の衆生のためには成仏一念にあり、
 懈怠の衆生のためには涅槃三祇に亙る」

という沢水和尚の法語を読むのを聞きました。勇ましく、心を奮い立たせた人のためには、成仏はこの一念にある。しかし、怠け者には、永遠に安心の境地は得られない。という意味です。それを聞いて平四郎さんは、

「今やらないで、いつやるんだ。
 私がやらないで、誰がやるんだ。」

と心を奮い立たせ、三日間の坐禅の後、大安心を得、白隠禅師に認められました。

 これを思うに、まずこの世の「無常を感じ取る」という感性が大事だと思うのであります。無常を感じ、それを恐ろしいと思う心がバネとなり、安らぎを求める強いエネルギーとなります。
「窮すれば通ず」。困った時ほどチャンスだと思って、乗り切ってゆきたいと思います。

安らぎは、もうすぐそこに。

(和歌山県西牟婁郡白浜町)聖福寺住職 関守研悟
臨黄ネット「今月の法話」より抜粋

戻る

臨済宗 妙心寺派 松尾山 聖福寺
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより