天地一杯に泣けばいい

 お釈迦様は、まだ釈迦族の王子だったころ、「この世は苦しみに満ちた世界だ」と心を痛められたそうです。あの「生老病死」の苦しみについてです。
 老いる苦しみ。病にかかる苦しみ。そして、死が訪れるという苦しみ。それらは生まれるということから始まります。生まれるという苦しみ。
 この「生老病死」の四苦に、もう四つを加えて、「八苦」と呼ばれるものもあります。「四苦八苦する」という、あの八苦です。
 憎い人と会う苦しみ「怨憎会苦」、求めても得られない苦しみ「求不得苦」、などがありますが、もうひとつ、大切な人と別れなければならない苦しみ「愛別離苦」がある、とお釈迦様はお気づきになられました。
 大切な人を亡くす。これは生きている限り、誰にでもある経験です。悲しくて仕方がないけれど、それでも私たちは、前へ前へと歩んでいかなければなりません。やがて時が過ぎて、死に別れたあの人は、自分の心の中に生きている。そう達観し、故人への思いを生きる力に変えていく。昔から私たちは、そうして大切な人の死を乗り越えてまいりました。
こういう古い歌があります。
 
  「みほとけは どこにおわすと たずぬるに たずぬる人の 胸のあたりに」
 
仏様はいったいどこにいらっしゃるのだろう、と尋ね、探しまわっている人がいますが、じつは、その人の胸のあたりに、心の中におられるのです、という歌です。
 なるほど、その通りだ、そう思って強く生きていこう。
と、頭の中では理解していても、それでもやはり時に淋しくて、恋しくて、逢いたくて、逢いたくてたまらなくなる、そんな思いがあります。お釈迦様は、その思いを否定しません。
 
 「ただこの一点 無明の炎 練り出す人間の大丈夫」
 
どんなにあきらめよう、断ち切ろうとしても、断ち切ることのできない迷いの心。それこそが、人間だとおっしゃっておられます。私は今まで何度も、この言葉に救われてまいりました。
 「煩悩がそのまま菩提なんです」と聞くと、楽しい時には思い切って笑えばいいんだ、悲しい時には天地一杯に泣けばいいんだ、と思えます。どんなに楽しいことがあっても、どんなに悲しいことがあっても、前へ前へと歩んでいこう、そんな勇気がわいてきます。
(和歌山県西牟婁郡白浜町)聖福寺住職 関守研悟
妙心寺ホームページ「今月の法話」より抜粋

戻る

臨済宗 妙心寺派 松尾山 聖福寺
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより