大いなるかな心や
 
  私たちのもつ心とは何と広大なものであろうか。
天空の高さはきわまりないが    
        心はその高さをも超えることができる。
  大地の厚さは測ることができないが、
        心はその厚さをも越えることができる。
     太陽や月の光明より優れるものはないが、
        心の輝きはその光明をも凌いでいる。
宇宙は果てしないものだが、     
    心は宇宙を越えて無限である。

          (栄西禅師のことば)
 
 そのようなすばらしい心。その心をひとりひとりが持ち合わせています。
「劫」というのは大きな岩が、100年に一度天女がおりてきて、その羽衣で岩がだんだんすり減って、やがてなくなってしまう、そんな気が遠くなるほど長い時間をあらわしますが、私たちは、「心」を使って、万劫という長い期間すら一瞬にして飛び越えることができます。「心」を使って、岩がなくなる瞬間に思いを馳せることができます。
 あるいは逆に、ほんのわずかな楽しい時間であっても、それが永遠に長い楽しみの時間と感じることもできます。
 ひとりひとりが、そのような「おおいなる心」を持ち合わせています。これはまさに奇跡だと思うのです。だから、人間の尊さに目覚め、自分の生活も、他人の生活も大切にしましょう。
(2005年  老人福祉施設 椿園にて)
戻る
臨済宗 妙心寺派 松尾山 聖福寺
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより