祥福寺専門道場師家 又玄窟老大師 命銘
クリックすると拡大します
画像をクリックすると拡大します
《銘の由来》

 「徳雲庭」は、仏道の究極として尊ばれている次の句に由来します。

   徳雲の閑古錐、幾たびか妙峰頂を下り、
   他の聖人を雇って、雪を担って共に井を埋む

「徳雲」はお坊さんの名前で、徳雲尊者のことです。「閑古錐(かんこすい)」は使い込んで先が丸くなった錐(きり)で、尊者の枯れきった高い老境地をあらわします。
 その老尊者が、来る日も来る日も自分の住む妙峰山(みょうぶせん)を下っては他の人々と共に雪を担いで古井戸を埋めようとする、というのです。
 雪をいくら古井戸の中に入れても、井戸が埋まるわけではありません。全くの無駄事とも言えます。
 同様に、どんなに修業をつんで悟りを開いても、この世に生きている限り、迷える心を持つ人々の苦しみ、悲しみがすべて消えてなくなることはありえません。

 しかし、それでもなお、人々と手をとってこの世を修していくというのです。人々が苦しい時は共に苦しみます。楽しい時は共に楽しみます。
 自分自身は悟りを開いて安心を得ているにもかかわらず、あえて迷える心を持つ人々のもとに降りたって、この世を生きる人々が生死の苦しみからときはなたれることを願い、やがて力尽きるその日まで苦楽を共にするのです。止むことなき菩薩の慈悲行といえましょう。

 その徳雲尊者の住む場所が、この庭であるというのです。地理的にも高台にあるところから、松尾山を妙峰山に見立て、この山を訪れた人々は皆、徳雲尊者となって、人々のもとに帰っていくのです。
 すべての人々が救われるその日まで、この庭は徳雲尊者の修行道場となるのでありましょう。
臨済宗 妙心寺派 聖福寺 御詠歌 唱歌
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより