法雲庵管理規約(抜粋)

(目的)
第1条 少子高齢社会の到来、核家族化、若者の都市移住の増大等により、先祖を祀り墓地を維持することが至難となり、新しい供養の仕方、墓地の在り方が時代の要請となっていることから、松尾山聖福寺に供養の庵を建立し、檀信徒の菩提を末永く安らかに弔うことを目的とする。
(名称及び事務所)
第2条 名称は、法雲庵(以下『当庵』という)とし、事務所は、和歌山県西牟婁郡白浜町堅田1211番地 聖福寺に置く。
(管理運営)
第3条 当庵の管理運営主体は宗教法人聖福寺とし、管理責任者は代表役員(住職)とする。
(利用資格)
第4条 当庵を利用できるのは次の希望者とする。
(1)聖福寺檀信徒
(2)一般希望者(仏教信者であれば宗派不問。ただし、申込後は当寺に帰依すること)
(申込及び供養料)
第5条 利用は、生前申込み、遺骨受け入れのいずれも可とする。
2、供養料等は次の通りとする。
(1)  永代供養料  金額は特に定めない
(2)  納骨料       金額は特に定めない
(3)  位牌料       実費相当額
(4)  納入した金品は一切返還しない
(5)  申込者は生前中のみ、聖福寺花園会に会費を納入する
(供養等)
第6条 当庵の運営・供養細目は次のとおりとする。
永代供養の場合
(1) 当代住職は、永代供養者の百回忌までの年回忌法要をつとめるほか、春秋の彼岸会及び盆に合同法要を営み供養する。
(2)  お骨は33回忌まで骨壺で安置し、以降は合祀し土にかえす
    ただし、家族で申し込みの場合、全員の33回忌終了を待って一緒に合祀する
(3)  「永代供養証明書」を発行する
(4)  遺骨は一切返還しない
(5)  過去帳に記録し、永代安置する
(6)  現存する墓石並びに墓地の整理は申込者が行う
 
納骨の場合
(1) 遺骨は33回忌まで骨壺で安置し、以降は合祀し土にかえす
(2) 「納骨証書」を発行する
(3) 遺骨は一切返還しない
(4) 過去帳に記録し、永代安置する
(5) 現存する墓石並びに墓地の整理は申込者が行う

戻る

臨済宗 妙心寺派 松尾山 聖福寺
トップページへ
ご挨拶
名勝 徳雲庭
縁起
永代供養堂
リンク
御詠歌 無相教会
仏教QandA
聖福寺 所在地
心の歌 唱歌 音声
和尚のお話
熊野古道 熊野曼陀羅
お経 音声 般若心経 聴く
花だより